2018年11月18日

(ベトナム語TIPS)男は同性の会話に慣れないと後々苦労する

ベトナム語を始めてみたが、お水系女子としか会話しない。それが彼女になって、彼女としか会話する機会が無い。よくある話である。これで満足、目的がこれならば問題は無いが、更に向上を目指すなら、この状態を長く続けるのは良くない。男性の場合、顔見知りでは無い不特定多数の同性との会話の機会を持って、これに慣れていくべきである。なぜなら顔見知り、馴染みの女や彼女は貴方の会話や発音の癖、言い回しに慣れてしまう。特に女性は男性より鋭いので猶更である。顔見知りとの会話の世界は限られてしまうし、男女では話す内容も話題も大きく違い。よっていざ会社やストリートに出てみると聞き取れない、通じないとなってしまうのである。もう1点、経験則であるが、女性の声の高さに慣れてしまうと、男性の低い発音が聞き取りづらくなる。全てでは無いが、男性はケッコー発音が雑なので更に聞き取りづらくなる。とにかくお水系女子とだけの会話を脱して、同性との会話の機会を増やして徐々に慣れていこう。


posted by 西貢日報社 at 10:56| Comment(0) | ベトナム語漫談 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください