2017年11月20日

ホーチミンでマジモテ男子化の威力

知らぬ間にいい感じになって来てた日カラ女子、NHANちゃん。22歳のfanthiet娘。昨日頂きました。朝からの雨続きでデートの時間もどんどん押し、3時過ぎにアパートへお迎え。雨のせいか何だかいつもよりボーっとした感じのNHANちゃんでしたが、本当にありがとうございました。ここ半年程で日カラ女子さん三人目、コスパ最高です。リリースしようとした矢先に見送った「ホーチミンでマジモテ男子化する」企画の内容に自信が持てました。
http://www.saigonnite.com/category/26675554-1.html


posted by 西貢日報社 at 16:55| Comment(0) | 西貢千夜一夜 | 更新情報をチェックする

2017年11月11日

ホーチミン最新映画「Co Ba Saigon」を見に行く

EF332182-D089-4123-927B-0DBB098B3478.jpeg久し振りにホーチミン市内某所のCGVへ観に行ってきた。チケット買うときに後悔したんだが、sweet boxのある館へ行けば良かったなと…

で、内容は?
舞台がサイゴンなので心地良い南部語、ちょっとイラっと来るクドさがベトナム映画らしくて中々面白い。スピード感もあって、ダラダラした所が無いのも爽快。そしてウルウル来るのを堪えるのに苦労した。
非常におススメ。



サイゴンで可愛いベトナム女子と手を繋いで、ポップコーン食べさせて貰いながら見るベトナム映画ってサイコーっすね。



posted by 西貢日報社 at 17:09| Comment(0) | 西貢日記 | 更新情報をチェックする

2017年11月08日

気が付けばそこに日カラ女子

気が付いたら、接待で使ってる日カラの女子とイイ感じになってきている。ご飯食べに行きたい、映画観たいとか、7区行きたいとか言うのでiphoneかな?と思いつつ、試しに遊んでみたけどおねだりも無いし、同伴営業も無い。結構遅くまで遊んでるので最近は遅刻の罰金くらいは上げるけれども、お洒落で可愛くて楽しいし、少しづつ落ちてくれるので、これが営業だったらかなりの手練れ感。久々の大当たりはいいけれどすぐに飽きることを考えたら、このまったり感がいいのかもね。


posted by 西貢日報社 at 22:17| Comment(0) | 日カラ | 更新情報をチェックする

2017年10月29日

ホーチミンで貴方のWECHATに火を吹かせるちょっとした方法

先日久し振りに昔のWECHAT女子からコンタクトが来たので、これまた久しぶりにWECHATをイジってみた。そしたらドカーン。1年振りにオレのWECHATが友達申請の火を吹き出した。一昨日は夕方から事務系28歳女子とお茶&飯、昨日はワーカー系22歳女子と飯&クラブで遊んで来た。30前のコは大抵警戒心と早く彼氏GET心が入り乱れていて複雑である。が若い南部女子は縛りが嫌いで楽しければ何でもOK。このセオリー通りだった。28女子はカップル座りはするものの、スキンシップには警戒心バリバリで手を握る、髪を触る辺りが精一杯だった。が、帰宅した後のフォローメールが凄い。22女子はもー雰囲気がイケイケ、アゲテクを駆使でクラブ行く頃には半分カタにハメて、クラブでは完全にカタにハメ、その後は本当にハメ・・・ とまだまだ捨てたもんじゃないWECHATだけれど、フツーにやってるとマッサ女子、日カラカウンターバー女子の営業目的の友達申請しか来ないけれども、ちょっとしたテクでフツーの女子から友達申請が結構来るね。「で、それどーやんのよ?」ってところはまた次回の講釈で。


posted by 西貢日報社 at 17:12| Comment(0) | Wechat / Zalo | 更新情報をチェックする

2017年10月22日

囲いたい、囲えない、ビアオムバイト娘

1か月程前、行きつけのビアオムに彗星の如く現れた23歳のCa mau娘。最近は全ての夜遊び、馴染みの女を放擲して彼女1本に絞っている。ビアオムにはオフるコとオフらないコが存在するが彼女は後者だった。店内ではスイートだがオフれない。口説きに口説き倒して何とかオフり、先に飯を食ったまでは良かったが「お店のコがね?皆んな言うの、ANHは一杯女のコが居るって・・・」と逃げられてしまった。再度口説きに口説いて少々強引に・・・

「女のコ一杯居るんでしょ?」
「居ないよー」
「お店の皆言ってたよ、いつも新人ばっかり指名するって」
「そーかもしれないけど、誰ともオフってないでしょ?」
「うーん、そーかな?うん」
「ANHはビール飲んで唄って皆で楽しんでるだけだよ」
「う・・・ん」
「Viちゃん(仮名)に会ってからはViちゃんだけでしょ?」
「うん、そうだよね」
「なんでか知ってる?Viちゃん大好きだからだよ」
「ほんとに?」
「ほんとだって」
「ほんとにほんと?」
「ほんとだよー」

こっち来て数年。もーこの往年の志村けんと桜田淳子のコント再現を何度繰り返しただろうか?と、晴れてViちゃんとは生でconnect onし、それから毎回connect onしている訳だが先日、

「ANH・・・Viね・・・」
「なんすか、いきなり?」
「Viね・・・もう仕事したくない!」
「ええ!!」
「ANHと一緒に居たいの!なんとかして!」

と言う顛末であった。さてそのお値段は如何に?なんせドローカル店なので日カラ嬢にお手当あげるオヤジ達激震の価格であるが、それまた次回の講釈で。



posted by 西貢日報社 at 17:44| Comment(0) | 今夜もビアオム | 更新情報をチェックする